在学生・同窓生サポート2015.03.16

限りある自由な時間。
ベクトルは違っても、本気で打ち込んだもん勝ち!

卒業生の輪 インタビュー 第2回は浅井企画で芸人「ドドん」の石田 芳道さんにお話を伺いました。
石田さんは免許を持つ本物の「お坊さん」です。

ー東京で働くことを選ばれたのはなぜですか?ー

 芸人になることは、小学校のころからの夢でした。実は、お笑いの盛んな関西圏を目指したこともあったのですが、まずは地を固めようと松山大学に入学した経緯があります。  学生時代にも実績を残すことができたので、満を持して東京に勝負をしかけにいきました。

ー就職活動で苦労したことなどあればお願いします。ー

 そもそも私はお寺の生まれなので、芸人を志すこと自体が家業を継がないことの意思表示だったので、そういう面での苦労はあったかもしれません(笑)ちなみに、大学卒業後にお坊さんの資格は取得しました。

ー今の仕事について、また、やりがいを教えてください。ー

 今は浅井企画という事務所に所属しています。漫才をやったり、バラエティ番組の前説をしたり、老人ホームでブラックお坊さんジョークをさく裂させたり。少しずつですが、前進を実感しています。
 僕は芸人ですから、自分のやったネタでお客さんが笑ってくれることが、なによりのやりがいです。当面の目標は、とにかくもっとテレビに出て有名になって…たくさんの人に笑いを届けたいですね。

ー東京で就職活動をする後輩のみなさんへメッセージをお願いします。ー

 学生の間は、勉強でも、サークルでも、とにかく本気でやることができる時間です。学生時代に培った力は意外と全国でも通用するということを、ぜひ知って欲しいです。思いっきり、本気で打ち込んだ日々が、自分を支えてくれているのだと思います。

ーその他、MTOや大学に求めるものについてご自由にお願いします。ー

 お笑いに限らず、私のように一般企業ではない進路を志す学生が、きっといるはずです。そんなとき、堅実な道の選択肢を示していただくことはもちろんですが、ぜひ、「がんばってみろ」と、後押しをしてあげて欲しいと思います。

プロフィール

浅井企画

石田 芳道さん (2008年3月 松山大学経済学部卒)

卒業生の輪一覧へ

ページのトップへ戻る

Matsuyama University Tokyo Office 松山大学東京オフィス

  • 松山大学公式サイト
  • サイトマップ