在学生・同窓生サポート2017.11.22

共同印刷株式会社(東京都文京区)

共同印刷株式会社に内定が決まった大石さんから、これから就職活動を始める皆さんの参考になればと、取材に応じてくれました。

ー就職先を選ぶ上で、重点を置いていたことー

重点を置いていたことは「社風」でした。もちろん、勤務地は東京・土日は休みという条件も私にとって必要だったのですが、就職した会社でこれからずっと働きたいという思いがあったため、社風に重点を置いて就職先を選びました。就活生によって求める社風は違うのですが、私は“会社の雰囲気が自分に合っているか”“チームと連携して仕事を行える環境か”という条件を満たした社風を求めていました。そのため、周りの人からの情報だけでなく、積極的に会社説明会などに参加し、自分の目で見て感じた会社の雰囲気を大切にし、就活をしていました。

ー選考は基本的に東京の開催だったかー

東京で働きたいと思っていたため、選考はすべて東京で行っていました。合同説明会などは、愛媛や大学などでも開催されていたので、東京に本社がある会社のブースを選んで会社の説明を聞いていました。

ー東京での就職活動のアドバイスー

東京で就活をしていて、愛媛から東京までの距離が遠いということが一番大変でした。そのため私は3月から4月末までの2ヶ月東京で部屋を借り、就活を行っていました。東京に拠点を置くことで体の負担が減り、精神面も楽になり、就活に集中できました。東京で就活をする場合は自分の体を一番に考え、メンタルを維持しやすい方法はどれなのかを選択し、就活すると良いと思います。また、東京は電車移動のため、時間に相当余裕を持って行動してください!私は新宿でさまよい続けた経験があります。時間には注意です。

ーMTOの存在は知っていたかー

はい。就職ガイダンスで、東京で就職活動をしたい人向けにMTOが紹介されていたので、東京に行くときは是非使わせていただこうと思っていました。

ーMTOを活用してみてどうだったかー

東京に就職したいと思い始めた時、私は東京のことを全く知りませんでした。自分がどのような仕事をしたいのか、どのような場所で働きたいのか、自分の強みはなにか、このようなこともわからず漠然とMTOに初めて行きました。そんな全て漠然とした私の話をMTOの皆様は真剣に聞いて下さり、ひとつひとつわからないことを紐解いてくれました。お邪魔する回数を重ねるごとに、だんだん私のやりたいことなど、将来を描き始めることができ、無事に後悔なく就活を終えることができました。

ーこれから東京で就活をする後輩の皆さんへメッセージー

東京で就活をしたいと考えている皆様は、なにかしら東京で働きたいと思う理由があるはずです。その東京で働きたいと思う気持ちは、就活をする中で何よりも大きな原動力になります。私はそうでした。その理由は大きな夢から、小さな夢までなんでもいいと思います。それを強く持って東京の就活に臨んでほしいです。そのためにはまず、自分のことをしっかり見直し、就活が始まる前に、何のために東京で働きたいのか何度も考えると良いと思います。また、就職先を選ぶ時は自分がその会社で働いているイメージを持つことができるのか、ということを自分に常に問いながら突き進んでいくと良いと思います。ここまで私の考えで話してしまったのですが、就活は周りの人は周りの人、自分は自分のペースだと思います。焦らず自分と向き合って、今しかない新卒のチャンスをつかんでください!応援しております!

ー本日はお忙しい中、ありがとうございました。ー

就職内定者の声一覧へ

ページのトップへ戻る

Matsuyama University Tokyo Office 松山大学東京オフィス

  • 松山大学公式サイト
  • サイトマップ